チャットレディをやっていると連絡先を聞かれる場合がある

連絡先を教えてほしいといってくる男性客のパターン

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

ラインの交換してくださいとか、ストレートな連絡先を聞いてきます。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

出会い系のマッチングアプリでもないのに、女性と男性が出会えるサイトだと勘違いしてやっている人も中にはいるのです。

チャットサイトなんて見ればすぐわかりそうなものですが、それでも女性との出会いができると本気で勘違いしているチンコの化身みたいな男性がいるのですw

以上のようなことから、テレビ電話がはじまってすぐとか、チャットサイト経由のメールに、直アド教えてくださいとか、ラインのID交換しましょうとか、出会いの誘いをしてきます。

ですがこれは一概に男性客がすべて悪いというわけではなく、ライブチャットを紹介しているサイトがあって、そこも悪いといえます。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

なので、そういうウェブメディアを目にした男性は、このサイトに登録すれば、簡単に女性と出会えるんだと勘違いして、出会えませんかなどの誘いのメールをチャットレディの女性に送ってしまったりするんです。

こういった広告目的のウェブサイトが跳梁跋扈しているからこそ、男性ユーザーが、チャットレディにチャットにログインするなりテレビ電話をかけるなり、いの一番にエッチ出来ませんか?などと聞いてしまうのです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

メルアドを教えてといってくる男性客

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

つきあってほしいなどとのたまう男性

チャットがはじまるなりものの数分以内に、彼女になってくれませんか?といきなり聞いてくる男性ユーザーは多くいます。

男性ユーザーの中には、チャットレディも彼氏がほしくてチャットレディをやっているもんだと思っている人もいるみたいで、どんな彼氏がほしいですか?なんてあっけらかんと聞いてくる男性も中にはいるのです。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ラインID教えてください!という男性客

チャットレディに出会い目的でメールをよこす男性客というのは、このラインを聞いてくるパターンというのが一番多いですね。

ライン交換してください!といって、最初の文面に自分のラインIDをつけて送りつけてくる人もいるくらいです。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

いきなりお誘いのメールを送ってきて、音信不通になるような相手を、相手にしていたらきりがないですし、心がやんでくると思うので、気にせず他の男性とのチャットを楽しみながら稼いでいきましょう。

ライブチャットのメール機能を使って、チャットレディに直接キャリアメールやラインのIDなどを聞いてくる男性客はたくさんいます。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

女性はあそこが好きだと思っている男性

あそこの大きさこそが女性を惚れさせることができると本気で思っている男性も世の中にはいて、しかもたくさんいます。

「この巨根を見てください!」といって、屹立したあそこの画像を送りつけてくるのですが、女性からしたらどん引きですよね。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

女性からしたら男性器の大きさなんてそんなに気にしていないですし、男性器を見せつけられた相手に連絡先を交換するわけもありません。

会えるのが前提になっている男性客

チャットレディをやっていると、ペニス画像を送りつけてきたりする男性もいたかと思えば、だんだん合える方向に持って行く男性もいるのが困ったものです。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

ポイントを使ってチャットしないくせに、エッチなコンテンツ動画を見たいというせこい男性も中にはいます。

動画をたとえ送ったとしても、さらにあれをしろこれをしろと要求が激しくなって、いっこうにチャットにログインしてくれたり、テレビ電話をかけてくれたりとお金を稼げずにこちら側がむしり取られるだけなので、最初から断っておくことが吉です。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

唐突にセックスを持ち出してくるパターン

ポイントを使いたくない男性というのは、タイプのチャットレディにメールをいきなり送ったりします。

チャットレディのサイトを出会い系だと勘違いしている男性も多くいるので、出会い系サイトを使えばいいのにという論理は通じませんw。

大手のマッチングアプリなどの男女の出会いを提供しているサービスなどはいくらでもあえるのに、チャットレディサイトで出会おうとしているのです。

チャットレディがやると危ない行為

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

軽い気持ちでやっているチャットレディもいると思いますが、危険な行為なので、なるべく避けましょう。

リアル世界であってしまうこと

物理的に男性客と会ったことがあるというチャットレディの女性の話を見聞きすることがありますが、これは正直危険な行為といえるでしょう。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

チャットサイトで交流を深めていく内に、男性に気を許してしまうのはわからないでもありませんが、ここは仕事なので線引きをしっかりしておいた方がいいと思います。

連絡先を教えてはいけない

スマホのメールアドレスなどを教えて、男性ユーザーと直接やりとりをしても、チャットレディとして稼げるわけではないので、やめておきましょう。

男性客に連絡先をしつこく聞かれた場合は、ライブチャットの規約にあるから、そういった行為はできないことを伝えて、わかってもらいましょう。

無意味に伸ばしたりしない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

このようなテクニックを使っているチャットレディも、教えている人ももちろんたくさんいますが、これは男性の下心をつかった狡猾なテクニックなので、あまりおすすめできるものではありません。

最近チャットレディの間で、使われているテクニックとしては、会うことを引き延ばすテクニックに、コロナが終わったら会おうというものです。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も女性との会話を楽しみにして報酬を払っている訳なのですから、チャットレディの優位性を使って、男性の下心をもてあそぶのはよろしいとはいえないでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

私が今までチャットレディとして活動してくる中で、直アドなどを聞いてくる客に対して、うまく回避する方法はないかと思案した結果編み出したテクニックを紹介しています。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

チャットレディにラインIDなどの連絡先を聞いてくる不届き者wには、スタッフに怒られると第三者の性にしておきましょう!!

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

ライブチャットの規約違反と伝える

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

代理店のせいにする

上記で紹介したような、直アドを聞いてくる男性客の断り方というのは、代理店やライブチャットそのものに禁止されているといういいわけをつくることができます。

ライブチャットサイトなどの外部の圧力で断らざるを得ないという設定にすることにより、男性客から教えてくれないやつだという避難も避けることができます。

仲良くなっても連絡先は交換しないのが原則!

チャットレディに直接の連絡先を聞いてくる男性はライブチャットサイトにはたくさんいますが、決して教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、ライブチャット外で男性客といくらメールや電話をして交流を持ったとしても、一線ももらえることはないので、時間がもったいないと思います。

現役のチャットレディの体験談で、男性客と会ってきたというブログなどを書いている人がいますが、実際の世界で男性客と会うのは危険なことだといえるでしょう。すべての人が善良とは限りません。

チャットレディに会いたいという男性は、実際にどんな意図をもって近づいてくるかわかったものではありません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

こういったチャットレディが一人いることにより、仕事が全体的にやりにくくなってしまうのです。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

なんども直接アドレスやラインIDなどは規約違反で教えられないといっているのにもかかわらず聞いてくる男性客は、ライブチャットのブロックという機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットレディにポイントを消化して稼がせてくれるならわかりますが、連絡先をきいて、自分はポイントを消費しないでおこうなんて虫のいいことを考えている男性客は無視して奥に限ります。

チャットレディの女性が安易に直接スマホアドレスなどを教えてしまったりすると、無料で連絡がとれる、そちらから連絡してくるのは目に見えています。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

チャットサイトで連絡先を聞いてくる不届きな不躾な男をブロックすることにためらいをもってはいけません。男性客はたくさんいるので、他にもいくらでも時間を割いて相手をしなくてはいけないひとはたくさんいます。

そもそもがチャットレディのサイトは出会いの場を提供しているサイトではありませんし、チャットレディはチャットしてお金を稼いでなんぼです!なので、しっかりチャットしてくれて、お金を稼がせてくれるお客様との時間を一番にしましょう!